この情報を元に更新不可と判断

もし債務整理をした場合、今お持ちのクレジットカードが更新できないケースがあります。

債権者がJICCやCICのような信用情報機関に加盟していると、事故歴が記録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

有効期限が残っていてもクレジット機能が使えなくなることも少なくありませんから、引き落としに使っているのなら、前もって引き落とし先を切り換えておきましょう。

債務を整理をしたしり合いからその一部始終を耳にしました。

毎月ずいぶん楽になっ立ということでおもったよりいい感じでした。私にも複数の借りたお金がありましたが、もう全部完済済みなので、自分とは無縁です。
借金の整理には欠点もありますので、全て返しておいていい感じでした。債務整理をするなら、いくらくらいの借金がある人が適切なのかという点は、一言では答えられません。もし、数十万円程度の借金ならば、別の場所でお金を用意立ててもらって、返済することもできるでしょう。 けれども、借金を借りたお金で返沿うとしている時点で、お金の工面には相当苦労すると思います。

返済が滞り沿うだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、返済がつづけていけ沿うなのか借金の整理に踏み切るのか、アドバイスをもらうようにしましょう。債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、時間が経たなければ、クレジットカードの利用や住宅ローンなどを利用するのも困難になると思います。それは、借金を債務整理によって整理し立となると、信用情報機関に事故歴アリとして情報が保存されることが原因です。約5年間はブラックリストに名前が残りつづけるので、解消されるまでは待つしかありません。会社に自己破産したのを知られクビになる

借りたお金の整理が済んだ後

携帯の分割払いが不可能な状況となります。
これは携帯電話の料金の分割支払いということが、借金をする行為になるためです。
そんなわけで、携帯電話を購入するのであれば、一括払いで買うことにするしかありません。
自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うもののそれぞれのメリットがあります。
自己破産については借金全てから自由になりゼロからスタートを切れます。
民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については保持できます。
それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、また取引時の利率や期間次第では過払い金の返還請求が可能です。 あちこちに弁護士事務所がある中、どこで債務整理の依頼をしようかという選択は難しいですね。
良い弁護士を選びたいなら、なんだかんだ言っても債務整理のことをよく心得ていて、現在までに豊富な受任実績がある所に引き受けて貰えば最善です。 大抵の法律事務所なら公式ホームページがあるので、ホームページを見てみて債務整理の経験を売り込んでいるか確認してみるといい判断材料になりますよ。 任意整理が片付いてから、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査のときにはじかれてしまいます。 いったん信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、記載が抹消されるまでには5〜10年の時間が必要ですから、その時を待てばキャッシングが可能です。
家や車などのローンを完済する前にローンの名義人が自己破産ということになると、返済中でも契約は解除され、返済のためにマイホームもマイカーも任意売却するか、競売にかけられることになりますよ。 自己破産以外の債務整理では基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、今まで通り支払う必要があります。
また、これらを売却して返済に充てるなどということは考えなくても良いのです。
生命保険会社の個人年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。 具体的にいうと自己破産の場合は、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。
また、個人再生に際しては生命保険は解約せずに済みますが、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。 これが任意整理となると、解約をもとめられることもなく、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。
立とえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ絶対に担当者その人が個別に債務者と面談をおこなわなければならないとして、日弁連が借金の整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を発表しています。 先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、面談を会っておこなわないで担当となる弁護士または司法書士がいた場合、この面談義務への違反となります。 借りたお金など踏み倒したらって友達は言受けれど、それは無理だと思って債務整理をする事にしました。
債務をきちんとすれば借金の額は小さくなりますし、どうにか返していけると考えたからです。
お蔭で毎日生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)していくのが楽しくなりました。 もう借金は返せない

借金の整理がしたいのは山々ですが

使用中のクレジットカードが無くなるのが嫌なら、任意整理と言った方法で債務整理を行なうことにすれば残せないこともありません。 債権者を取捨選択した上で整理していける制度が任意整理ですから、任意整理を行なうのを残したいカード会社以外の債権者とする事で、カードはその通り残ります。 しかし、任意整理を行なえば事故記録が信用情報に加わりますので、カードの更新にあたってはそれが元で恐らく利用停止となるでしょう。 多重債務者の中には、その原因がうつ病だと言った事例が多いようです。
就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)できず返済資金が工面できなくなったり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに債務が膨らんでい立とは、誰だって言いたくはありません。 でも、そのせいで一人で悩みを抱えてしまうと言った人が多いのもまた事実です。
こうした問題のために元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。
債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。
過払い金について知らない人がいるかも知れませんが、これは違法な金利で支払わされた利息のことです。
以前は貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、債務者は法定外の利息の付いたお金を返済していた事になりますね。 これが過払い金と呼ばれるものです。
もし過払い金が発生していたら、これを返してもらう事により、今ある借りたお金を返せるかも知れません。
生活保護費を貰ってる人が債務整理を行なうことは出来ると言ったことですが、どうしても利用出来る方法は限られてしまうことが多いようです。 そして、弁護士の方も依頼をうけない場合もありますので、慎重に利用できるのかどうかを冷静に判断した上で、お願いしてちょーだい。 お金の借入が膨らみ、破産や個人再生をしたのであれば、債務を整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。
国の機関誌である官報に、自己破産ならば二度掲載されますし、個人再生をした場合は三度掲載されます。
公告される期間は、だいたい1ヶ月といっ立ところですが、官報は一般的になじみがあるのものではないですし、官報がキッカケで周囲に発覚することは極めて稀です。 なお、任意整理をした人は100%掲載されません。
銀行にお金の借入をしている場合は、自己破産を申請するとその口座での全取引が行なえなくなることがあります。
故に、事前に預金を回収しておいた方がいいです。
銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してそのお金を渡さないようにしてしまいます。
口座が凍結されるのはひどいことだと感じるかも知れませんが、銀行側から見れば、当たり前のことです。
困窮して月々の支払が厳しい時の対応と言ったのは同様ですが、任意売却と言ったのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合に該当する不動産を売ってしまい、ローンの返済に充当する事です。 それに対し、債務整理と言ったのは返済不可能となった借りたお金を条件に合った方法により整理を行ない、完済に向かう事です。
場合によっては不動産ローンと借金どちらも支払えなくなるケースもあるかも知れませんが、そのような時は任意売却と債務整理がどちらも必要になります。 債務整理は総じて自ら手つづきする事ができるものの、おもったよりややこしい手つづきとなります。
さらに、任意整理だと債権者とダイレクトに交渉をしなければなりませんから、ずぶの素人を相手にしていることが知られると交渉しづらくなることもあるでしょう。 経費を要するものの、弁護士か司法書士に引きうけてもらう事が何よりもうまく手つづきを進める方法でしょう。
費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。
借金滞納していて差し押さえられるか心配

取たてや催促に困っている時

借入先や回収業者からの取たてや催促に困っている時に種類はどうあれ債務を整理を開始すると、法務事務所や法律事務所から債権者あてに受任通知が送付され、うけ取った時点で督促はおろか単なる連絡行為なども禁止となっているんです。万が一、債権者から返金の催促や連絡が来るようなことがあったら、ただちに担当弁護士(司法書士)に連絡して対処してもらいましょう。

禁止されているのにわざわざ相手をする理由はないりゆうですし、何かしようと思ってはいけません。

過去に自己破産をしていたり、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、一般の生命保険への加入については本人の望むように行えます。
生命保険等の加入に際しては個人の信用情報を利用する事はありませんから、個人再生であれ任意整理であれ、借金の整理実績を知られることもなく、事前にそれを確認する必要もありません。生命保険と言う物は必要な保険料の払込みさえできていれば、なんら債務整理の影響をうけないと思って良いでしょう。

自己破産をする際、身の回りのものや日常生活を再建するための少しの費用の他は、全て譲り渡すことになります。

自宅、土地などの財産の他に、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。とは言え、他の方が支払いを引き継ぐ事に、債権者の了解を得ればローンを返済と並行して所持することも可能になります。
数多ある弁護士事務所から、債務整理を頼む所を選ぶのは困難です。オススメの弁護士チョイスの方法は、なんといっても債務整理に造詣が深く、受任の実績がこれまでたくさんある所に委任するのがベストでしょう。

法律事務所ならほぼ公式ホームページがあるはずですので、積極的にホームページ内で債務整理の経験について書いているかどうかチェックする事は判断をつける際に重宝するはずです。

債務整理 滞納 借金

総量規制とその金額

現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。とは言え、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。あとは、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの借金などによって、いつしか年収以上にまでお金の借入が膨れ上がっていることも少なくありません。そんな人は返済が極めて困難ですから、できるだけ早いうちに債務整理も視野に入れていくべきでしょう。どのしごとでもそうですが、弁護士や司法書士と名のつく人立ちでも、経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)がなければ債務整理はできません。ときにはほとんど債務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)のない弁護士などにも遭遇しますし、考えなしに依頼するのではなく、それなりの実績のある弁護士(司法書士)を見つけなければいけません。以前に比べると債務整理専門に力を注いでいる法律事務所なども多く見られますし、そのようなプロに任せる方が安心でしょう。どのような債務整理であれ、一度でもすれば信用機関にその情報が記録されます。それにより今後しばらく借金はできなくなりますし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。つまりクレジットカードをもてない状態ですから、新規でカードを制作することもできないでしょう。一方、既に契約している債務の場合、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、完済するまでは支払いが続きます。債務整理をしたいけれど、車は手元に置いておきたいというのであれば、カーローンはそのままにしておいて、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済向かもしれません。しかし、本当に持ちつづけることができるかどうかは、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかでちがいます。もし車がなくても問題ないと言うことになると、債務整理後も車を持ちつづけることは難しくなります。ですから、債務整理を依頼する弁護士と話し合って、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。つらい借りたお金に追われる生活から脱するには、債務整理という方法があります。任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務を整理はこれらすべてをひっくるめた呼び方です。これらにプラスして過払い金請求もカバーされる場合があります。ひとつひとつ違う手続きなので、慎重に検討してから差し当たりの状態に即した方法で、満足いく借金の債務整理を行いましょう。個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士に依頼するのが一番手早いでしょう。弁護士に頼向ことで、ほとんどの手続きをしてくれます。その間に裁判所へ行ったり、債権者とのやり取りをする場合もありますが、大変なことはすべて弁護士にお願いできます。結婚前に債務整理をしている人は、結婚して相手の苗字になっ立としてもキャッシングやローンなどの審査に受かるようになる訳ではありません。審査の時には名前は持ちろん、生年月日やその他の個人情報を参照して信用情報機関をチェックします。つまり審査では名寄せがおこなわれているのです。ですから、結婚で苗字だけが変わっても独身時代からのブラックがつづくことになります。債務整理で悩んだ時、無償で相談できる窓口というのは、実はたくさんあります。各自治体にも常設窓口があったり特別相談期間を設けたりしていますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、日本司法書士会連合、弁護士会、法テラスなども相談員が置かれて対応にあたっています。個人の司法書士、弁護士事務所でも無料でそういった相談をうけ付けている場合が珍しくないですし、引き伸ばすよりは早めの相談を御勧めします。借金返せないで自己破産

何歳であっても人生をやり直すこ

何歳であっても人生をやり直すことができるでしょう。用立ててもらったお金の整理に年齢は無関係です。

借りたお金の整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組向ことができなくなるだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は人並みに生活を営んでいくことができるのです。ある程度年を重ねた方も5年待てば元と同じ状態に戻れますから、借りたお金のせいで苦悩している方は債務を整理を新しいスタートのきっかけにしてはどうでしょうか。
現職の公務員が借りたお金の整理の手続きをすると、雇用者に知られるのは避けられないと思う人が多いみたいですが、知られるのは一部のケースだけです。たしかにカードローン破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら手続き後も自分から話さなければ職場に知られることはまずないでしょう。しかし公務員だと、共済会などから債務があったりすると、知られてしまう可能性が高いでしょう。

増えすぎたお金を借りるを債務整理で何とかしようとする前に、今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。そもそもの債務額は変わらないとはいえ、高額借入としてあつかわれるため、金利が下がり、利息負担が軽減されます。

それに、返済管理が容易になって、ひとつひとつの会社の返済日をチェックするようなことは、しなくてもよくなります。おまとめローンが組めなくなってから債務を整理の手続きを取るのも悪い方法ではありません。たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理依頼を受けるのに先立って担当者が自分自身で必ず個別に債務者と面談を行わなければならないとして、借りたお金の整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が通達しています。メールや電話で事前相談をする事もできますが、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務に背いている理由です。頑張っても用立ててもらったお金返済のめどが立たずに債務を整理という手段をとるときは、近頃はPCはおろかスマホでも、債務整理関連の情報を容易にしることができるのです。

けれども勤務先や家のPCなどを使って調べたりすると、履歴が残ってしまうため、借りたお金していたことや借りたお金の整理を願望していることが漏れやすくなります。

その点、スマートフォンを使うほうが安心です。

奨学金の借り入れをする場合は保証人と連帯保

奨学金の借り入れをする場合は保証人と連帯保証人の両方が必要ですが、保証人と名のつく人が債務を整理をしていると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。もしそういった心配があるのでしたら、保証機関に連帯保証をしてもらうと、最初から保証人不要で奨学金の貸与を受けることが可能になるはずです。
毎月の奨学金から保証料が引かれるので初期負担の心配は不要です。借りたお金の整理をおこなうときの対象として銀行が含まれていると、本人名義の口座がそこにあればおそらく凍結されるでしょう。つまり、預金があるのであれば少しでもお金を借りるの返済に回せるからです。
ただし、もしカードローン破産を行ったのなら預金残高が20万円に満たないときは本人のものとしてのこすことが出来、それより残高が多い場合だけ債務の返済にあてられるのです。

債務を整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いして下さい。
司法書士では1社からのお金を借りるが140万円より多い場合の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はないのですし、裁判に強いのは、やはり弁護士です。その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、債務整理手続きに入ってから、すぐにしつこい取り立てから解放されることができるハズです。今すぐにお金が必要な時に強い味方になってくれるのがカードローンでしょう。ですが、返済能力を超えた使い方をすると返しきれない程に借りたお金が膨らんでしまうかも知れません。

借金が膨らみ多重債務に陥った場合には、現実的に債務整理の計画を立てて下さい。
個人再生などの債務整理をすれば、裁判所の判決によって用立ててもらったお金を減らすことができます。

そのため、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、生活を立て直すことも可能でしょう。自営業の人が債務を整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、資産扱いになるはずです。1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生で債務を整理した結果、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になるはずです。ただ、売掛金として100万円がある場合は、5分の1は債務に上乗せされるため、結果的に220万円を支払う必要があります。

一般的に、債務を整理をおこなうとブラックに

一般的に、債務を整理をおこなうとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば銀行のローンや住宅ローンも組めるかも知れません。返済の意思を示せる任意整理は、官報などに氏名や住所が載る心配もありません。もし、借りたお金の返済時に過払い金が出ていた場合、戻ってきた過払い金で借金分が完済できるかも知れません。 もし、これに当てはまる人は、ブラックリスト登録者として対応される不安はなくなります。
この間、用立ててもらったお金の整理のうち自己破産という方法を選択し、無事処理を完了しました。

日々感じていた返せない、更に延滞してしまったらどうなるのかという不安から自由の身となることができ、精神的にまあまあ楽になりました。 これなら、もっとずっと前から債務を見直しておけばよかったです。一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、依頼を考えている弁護士事務所に直接問い合わせたり、公式サイトがあればそれを調べると、大体の金額が掌握できると思います。

債権者との話し合いが一筋縄ではいかないようなケースでは、さらに費用がかかる場合もありますが、一般的な多重債務の場合は、平均的な価格で債務整理を請け負ってくれると思います。弁護士事務所次第で、対応持ちがいますから、ご自身の状況合わせて柔軟に対応してくれる事務所を探すと良いですよ。 近年、ネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中にはたくさん聞かれます。

近場でぴったりいい事務所が見つからないと気を落とさずに、何はともあれネットがありますのですから現状について相談するメールを送ってみるのも一つの手です。手つづきも任意整理であれば電話と郵送で済ませることが可能なため、くじけずにまずはスタートラインにたちましょう。借りたお金の整理のために債務を整理をすると、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

これは「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、時間を置かないと、銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることが容易ではなくなります。

この期間ですが、債務整理のケースでは情報が信用情報機関から消えるまで5年はかかると理解しておきましょう。

個人再生にはいくらかの不利なことがあります。一番は高

個人再生にはいくらかの不利なことがあります。一番は高い費用がかかることで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多いなんて事もあります。

また、この手段は手続き期間が長くなってしまうため、減額が適用されるまでにすごくの時間を必要とすることが多々あります。

もし任意整理や個人再生などの借金の整理をおこなうのであれば、一定以上の収入が継続してあることがもとめられる訳ですが、収入イコール生活保護費という人は、こうした債務を整理の対象とはなりません。
最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、生活に充てず用立ててもらったお金を返すために使ってしまったら、即、支給を停止すると言うことも実際にあるようです。
結局のところ、生活保護で生活している間に用立ててもらったお金の整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと思っておいてください。申請や手続きをおこなうという時点になったら、可能な限り早く片をつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共とおすることでしょう。

とは言え、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには当然ある程度待たなくてはなりません。
どうやって債務整理をおこなうのか、その道のプロ(司法書士や弁護士など)に任せるのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で必要となる時間は左右されます。

債務整理をおこなう方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を付けない返済額の取り決めをして、各月の支払いを行っていくことになり、普通は借りたお金の元金はその通りです。他方、民事再生は返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金の減額となり、残りの返済をつづけることになります。 あちこちに弁護士事務所がある中、どこに債務を整理を依頼するかという判断は一苦労です。

良い弁護士を選びたいなら、帰するところは債務整理に熟練していて今に至るまでに十分な受任実績がある所に請け負って貰えば何よりです。

法律事務所ならほぼ公式サイトがあるはずですので、サイト内に借りたお金の整理の経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)の宣伝があるかどうか気にしてみる事は判断基準のひとつとなりますよ。

債務を整理で悩んだ時、無償で相談できる窓

債務を整理で悩んだ時、無償で相談できる窓口というのは、少し探せば沢山あることがわかるでしょう。都道府県だけでなくもっと小さい市町村単位でも相談できる窓口がありますし、全国各地にある消費生活センター及び国民生活センター、弁護士会、法テラス、司法書士会連合会などにも相談員が置かれて対応に当たっています。

普通の弁護士・司法書士事務所などでも無料で沿ういった相談を受け付けている場合が珍しくないですし、相談を聞いて貰い、それからどうするか決めるというのも手です。

借りたお金の整理をすると、お金を借りるの重荷は無くなりますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどのデメリットも存在します。 さて、ここでしりたいのはブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

調べてみると、ブラックでもOKのところとNGのところ、両方あるようです。

選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。
カードローン破産や任意整理などの種類がある債務を整理は、どのようなか立ちであっても増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。 もしかすると、この用立ててもらったお金の整理中にも、またお金を借りるをしてしまう人がいるかも知れません。

ですが、借りたお金の整理の期間中に再びお金を借りるをすることは厳禁です。新たな借りたお金の事実が伝わってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、免責が許可されなくなることもないとは言い切れません。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を考慮に入れる場合にまず決めなければならないのはどこの弁護士または司法書士に担当を打診するかでしょう。
多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。無料相談での対話を通じて、信じてもいい担当者なのかどうか明らかにできるでしょう。あわせて、法テラス(法律についての問題で困っている人を支援する公的機関)でも相談は無料となっています。債務整理による解決は借金すべてを水に流せるといっても、免責されないものも存在します。

借りたお金の整理が基づく法律が破産法ですが、その中で定められた非免責事項については支払義務から逃れることはできません。代表的なものとしては各種税金、養育費(育てていない方の親に支払いを請求することができる子供を養育するための費用です)、罰金などがあります。

なお、供にあつかわれがちですが、養育費(育てていない方の親に支払いを請求することができる子供を養育するための費用です)は非免責事項ですが、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。